2022年6月のコーヒー


Papua New Guinea
Sigri

【パプア・ニューギニア シグリ農園】

農園情報

標高:1,500m
品種:アルーシャ
ブルボン
ティピカ
精製方法:ウォッシュド
産地:ウエストハイランド州
焙煎度:中煎り


カップコメント

アプリコット
マンゴー
ストーンフルーツ
シロップ

 

一日で一年の気候を繰り返す地域

 

  

1950年代末に開発された大農園

海抜1,500mの標高
清涼な気候、
十分な降水量
火山灰性の黒土を含んだ肥沃な土壌

そして

「一日で一年の気 候を繰り返す」
と言われる気象の変化が大きい場所は
コーヒーの生育には理想的な環境

 

手積みと丁寧な選別

メインの収穫時期は
4月〜7月

真っ赤に完熟した実を
1つずつ丁寧に手積みされ

ウェットミルにて果肉を除去し発酵槽へ。

発酵槽では毎朝水を張替えた
清潔な水を使って
5日間かけて発酵します。

その後、天日で

天候が良ければ7日間
悪天候であれば12日間かけて

乾燥させます。

その後、
サイロで21日間保管し
水分値が10〜11.5%になるように調整

そして
風力選別
スクリーン選別
比重選別
電子選別
手選別を2回以上

徹底的に選別され
出荷されます。